ご予約・ご相談はお電話で
0952-27-50550952-27-5055
平日 10:00〜18:30/土曜 9:00〜17:30/休診日 日曜・祝日

審美歯科

セラミックの被せものは着色しないってホント!?ceramic

審美歯科とは?servivces

審美歯科とは、審美(見た目の美しさ)面に重点を置き、より美しく、キレイな口元に仕上がることを目標として行われる歯科治療です。

現在の歯科医療は「機能の回復」を目的とする歯科から、更に一歩進んだ「審美」面をも重視する、そういった時代になっています。イターナル歯科クリニックでは、審美歯科の最先端技術を用い、審美面に対するニーズの高まりに応えています。 「審美歯科」とは、従来の虫歯や歯周病といった、歯や歯肉の病気を治すことが目的ではなく、もう一歩進んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。これらの審美的な要素が加味された治療を施すことによって、笑顔に自信が持てるなど精神的にも大きな恩恵をもたらします。 審美歯科治療によって、正常な咬み合わせを作り出し、身体の機能をあるべき状態へ導くこともできます。また、歯にコンプレックスを持っていて、人と話し辛い、思いきり笑えない、という方の悩みを解消することも、審美歯科の重要な役割の一つです。 審美歯科の目的も、他の一般的な医療行為と同様、ひとりでも多くの方が豊かな日々を送ることができるよう、健やかな身体づくりに貢献することにあります。 通常の虫歯治療の場合だと、保険の適用される材料と治療方法で機能的な回復を目指すので、仕上がりとしては金属が見えたり、長期的な時間の経過に伴い変色してしまったりと、審美(見た目の美しさ)的には考慮されません。

一方、審美歯科では、保険適用の素材や治療法以外にも自費治療を行うことができます。

ラミネートべニアservivces

ラミネートべニアとは

ラミネートベニア法は、歯の表面のみを薄く削り、そこに形を整えたセラミックの歯を接着する方法です。 これによって、歯を削る量を最小限に抑えながら、変色してしまった歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せることができます。期間的にもたいへん短く、最短2回の通院で完了します。材質としてはセラミックを使用するため、安全で耐久性があり、摩耗や変色はほとんどありません。金属アレルギーがある方にでも安心して使用していただくことができます。

ラミネートべニアの特徴

  • 歯の表面のみを薄く一層削るだけですので、できる限り元の歯を残したまま歯の色調を改善できたり、多少の歯並びの悪さも整えることができます。
  • 最短なら2回の治療で見違えるほどきれいな仕上がりになります。当院で用いているセレックシステムにてラミネートベニアを作成した場合は、当日1回のみの治療で完了させることも可能です。
  • セラミック特有の天然歯に近い色調で仕上げることができますので、本物の歯と見比べても見分けがつかないような、自然な仕上がりになります。

インレーservivces

奥歯の虫歯に歯を削った後に型どりをして金属の詰め物をはめ込む、「インレー」という治療法が一般的に行われています。これを審美歯科の場合は様々な白い材料を使って、自然な歯のように仕上げることができます。見た目の自然さや美しさを考えると、セラミックスを用いたインレーが最も審美面で優れています。また、金属を用いませんので、金属アレルギーのある方でも安心して使っていただくことができます。

イターナル歯科クリニックでは審美的なインレーとして2種類のものを用意しています。

ハイブリッドインレー

強化プラスチックで作られているインレーです。中にグラスファイバーの繊維を補強として埋入することで、高い破折耐久性を持っています。また、硬さも天然の歯と近づけて作ってあるため、かみ合わせにもやさしい性質を持っています。ただし、強化プラスチックは時間とともに若干の変色や着色が起こってきます。

セレックインレー

CAD.CAMのシステムを用いて、セラミックのブロックから削り出して作るインレーです。
耐久性、審美性も非常に高く、使用していても着色、変色もありません。また、短時間で作成が可能ですので、最短ですと即日の作成、装着も可能です。
しかも従来の技工士が手作業で作っていたセラミックインレーと比較すると、格安で作ることができますので、大変お勧めできる審美的なインレーです。

ハイブリッドクラウンservivces

ハイブリッドクラウンは金属のフレームの上に白い強化プラスチックで覆ってある、審美的な被せ物です。金属のフレームを持っているため、強度的にも奥歯やブリッジに耐えることができる耐久性を持ちながら、審美的にも歯にそっくりに作ることができます。セラミックと比較すると着色性や透明感などで若干劣りますが、その分比較的に安く作ることができます。当然一般的な保険の被せ物よりもはるかに高い審美性を持っています。

奥歯などかみ合わせの力がかかりやすいところで、比較的安価に歯を白くしたいと思っている方や、奥歯にブリッジを作りたいけど、できるだけ安く白くしたいと思っている方にはおすすめしている方法です。

ジルコニアクラウンservivces

最高品質の白い歯を低価格で提供します。

イターナル歯科クリニックでは下記のようなお悩みのお持ちの方へ、最適の白い歯をご用意できるシステムがあります。

  • 以前に被せた銀歯が気になって大きく口をあけて笑うことができない。
  • 白い歯を入れたいが、費用的に高くて手が出ない。
  • かみ合わせの悪い歯をきちんと噛めるようにしたい。
  • 金属アレルギーがあるので、歯の金属や詰め物をどうにかしたい。
  • 昔入れた差し歯の調子が悪い。

保険の差し歯とセラミックの差し歯の違い

保険診療の限界

日本の保険制度は、諸外国と比べると、どこでも等しく低い費用で同じ診療を受けることができる、大変優れた制度であるといえます。しかし、歯科診療に限って言えば、その診療の内容も噛めるようにするということのみに重点を置いた、ある意味審美的な面では最低限のことしかまかなうことはできません。つまり、耐久性や審美面については十分の考慮がされた制度ではないのです。原則として、作ることができる差し歯は金属を用いたものとなり、それによって修復された歯では、お口を開けた時に銀歯が目立ってしまう状態になります。前歯については、かろうじて銀歯の表側のみにプラスチックを張り付けて目立ちにくくしたものを選択することができますが、プラスチックの経時的な劣化や変色のために色調が最初に作った時から崩れてきたり、そもそものプラスチックの審美性から十分なものではなく、作り物っぽい感じがするものであります。

それに対して、金属を使わずセラミックのみで作る差し歯の特徴は、透き通ったような自然な透明感をもつ差し歯を作れるということにあります。また金属のようなアレルギーも起こらず、変色の心配もありません。他人が見ても差し歯とは気づかれないほど自然に仕上げることができます。

ジルコニアとは?

ジルコニアはセラミックの分類の中でも、特に硬度に優れていて、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれています。通常のセラミックでは金属と比較したときに硬くても割れやすいなどといった特徴がありましたが、そのような短所も解決された差し歯の素材としては理想的なものです。

ジルコニアのメリット

  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がない
  • 強度的に優れているため、奥歯のかみ合わせやブリッジなど、セラミックのみでは強度的に不足するようなケースにも使用できる。
  • 金属と比較して、非常に軽い素材である。
  • やや透明感のある白い素材であるため、歯の自然な審美性を再現できる。
  • 表面に汚れが付きにくく、タバコのヤニやお茶やコーヒーなどの着色も付きにくい。

ジルコニアのデメリット

作成のコストがかかるために非常に高価である。

イターナル歯科クリニックでは、これまでのジルコニアの欠点であった「価格が高い」というデメリットを克服し、患者さんにご利用いただきやすい費用にて最高品質の白い歯の治療を行っています。もちろん日本国内の技工所で製作されているもので、安い中国製のものとかでありません。患者さん一人一人に対して、きちんと型を取って、自然に見える色を選択し、細かい形の指示や色調の希望に対してもお応えします。

ジルコニアセラミックは大変審美的な差し歯です。ですが、最近増えてきている方法として、オールジルコニアの差し歯というものもあります。 オールジルコニアとは、セラミックを使わずにジルコニアのみで作成している差し歯です。 それに対して、ジルコニアセラミックはジルコニアのフレームの上に、セラミックを盛り付けて作り上げる差し歯になります。

オールジルコニアは機械任せで被せ物を作り、それに技工士が色付けをするのみのため、安く丈夫な白い歯を作ることができる方法として増えてきています。しかし、ジルコニアは製品自体に数種類程度しか色調がなく、細かい色の設定がないため、大まかな色合わせしかすることができません。それに対して、ジルコニアセラミックはジルコニアをフレームに使うことで差し歯自体の強度や耐久性は上げながら、表面はセラミックを技工士が手作業で作り上げることでたいへん自然で審美的な歯を作り上げることができます。細かい色調の設定や歯の模様まで再現することが可能です。イターナル歯科クリニックではオールジルコニアではなく、ジルコニアセラミックを利用しやすい低料金にて提供いたします。

一本当たり68,000円(税別、5年間保証付)

通常のジルコニアセラミックの全国的な相場というのは12万円~20万円くらいです。 イターナル歯科クリニックではなるべく多くの患者様に最高品質の治療を気兼ねなく受けていただけるようにするために、ジルコニアセラミック専門で請け負っている技工所にと提携をして、このような低料金を実現しました。 審美面、耐久性、低コスト、どれをとっても優れているシステムとなっています。

歯茎の変色治療servivces

タバコを長期間吸っていたり、生まれつきの歯肉のメラニン色素の沈着によって、歯茎が黒ずんで見えてしまうことがあります。しかし実は、このようなメラニン色素は歯茎の表層部分に存在するため、簡単に除去することができます。

たとえ歯が白くてきれいであったとしても、歯茎が黒ずんでいればせっかくの美しさが損なわれてしまいます。ピンク色の健康的な歯茎は口元をより一層審美的に輝かせることができます。

歯茎の黒ずみを取り除く代表的な方法は

  • レーザー治療
  • ケミカルピーリング

の2種類となります。

どちらも歯茎の表層のみを薄くやけどさせることでメラニン色素を除去し、ピンク色の歯茎を再生させることを目的として行います。

FAPホワイトニングservivces

現在、日本には様々なホワイトニング法があります。そのほとんどは海外から輸入されてきた方法です。このような方法は欧米人の歯を基準として薬剤濃度や手順が考えられているのですが、欧米人と日本人では歯の構造や組成が微妙に違うため、日本人に同じような手順でホワイトニングを行ったとしても十分な効果が期待できない場合があります。

当院で行っているFAPホワイトニング法は日本人が考案した方法です。安全性やシステムすべてが日本人の歯を基準に考えられています。そして何よりの特徴として「歯の色の後戻りがない」ということです。通常のホワイトニング法では一度歯を白くしても、しばらくすると少しづつ歯の色が元のように戻ってしまう「後戻り」と呼ばれる現象が起こるのですが、このFAPホワイトニング法では色の後戻りがなく、ホワイトニング後の白い歯をずっと維持することができます。またそのシステムとして歯の表面を強化し、虫歯予防にもなるという大変優れた方法です。

白く整った歯は魅力的で素敵な笑顔だけでなく、知性や教養、内面からあふれ出る豊かさを示します。より美しさを追求するのであれば、顔をお化粧するのと同様に歯を白くしたり歯並びを整えたりすることへの努力を惜しまず、関心を持ちましょう。」

FAPホワイトニングの詳しい説明はこちらです。

審美歯科Q&Aservivces

  • Q

    歯科でよく「セラミック」という言葉を耳にしますが、セラミックとはどういう素材なのですか?

    A

    セラミックとは簡単に言えば陶器のような素材です。歯科技工士が歯の色に合わせて近い色を再現しながら陶材を盛り付けて、焼き上げて作るものになります。歯の先端の視線な透明感から根元の黄色味までグラデーションの変化まで美しく再現することができ、変色もなく、耐久性にも優れる、歯科には欠かせない素材です。

  • Q

    できるだけ短期間で歯並びをきれいにしたいのですが、どのような方法がありますか?

    A

    状態にもよりますが、多少の歯並びの不揃いや、出っ歯、すきっ歯などは補綴矯正と呼ばれる方法で短期間で集中的に治すことができます。早ければ1週間と掛からずに解決できるケースもあります。その代わりにこれも程度次第ですが歯を削ったり抜いたりする場合もあります。詳しくは歯医者さんに相談しましょう。

  • Q

    審美治療の途中では前歯がなくなったり噛めなくなったりしないか心配です。

    A

    治療と途中の段階でかみ合わせや外観など、日常生活に支障をきたさないようにするために、プラスチックの仮歯をあらかじめ用意しておいて、装着するようにするのが通常です。ですので、治療途中の審美面やお食事についての心配はありません。

  • Q

    審美治療は痛くないですか?

    A

    当院での治療は審美治療も含めて、すべてに治療において患者様に苦痛を与えないように細心の注意を払っています。審美治療はもちろん、虫歯の治療や麻酔の注射などすべてが無痛で受診いただけますのでご安心ください。

料金表はこちら