ご予約・ご相談はお電話で
0952-27-50550952-27-5055
平日 10:00〜18:30/土曜 9:00〜17:30/休診日 日曜・祝日

歯科での無痛治療とは?

おはようございます、佐賀の歯医者、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

 

みなさん、歯科治療は痛そうで怖いというイメージをお持ちでないですか?

実際に来院される患者さんからは痛いのがイヤだとか、痛そうだから怖いといったことでなかなか歯医者に行く勇気が出なかったというお話を聞く機会がしばしばあります。

確かに歯科治療を行うにあたって痛そうなイメージを持たれるのは仕方ないかもしれませんが、私たち歯科医療を提供する側としても、痛いことがいいことだなって当然思っていません。

いかに苦痛を少なく、快適に診療を行えるようにできるかは常に考えています。

それでは、どのようにして痛くない治療、無痛治療ができるのかについてお話をしましょう。

 

無痛治療を行うためには、やはり大事なのは麻酔です。

いやいや、その麻酔が痛いんだよ、と言う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実は麻酔を打つのにもテクニックがあり、適切な麻酔を行えば全く痛くなく、仮に少しどうかあったとしても軽くチクッとするくらいで済ませることができるのです。

どのようにするのかというと、歯茎と唇の境目、歯科でいうと 齦頬移行部(ぎんきょういこうぶ)と呼ばれる柔らかい粘膜の場所を狙って麻酔をするのです。

この部分は神経が少なく、針が刺さってもあまり痛みを感じることがありません。

さらにテクニックとして、粘膜を引っ張って緊張させた状態で針をすっと刺すということや、できる抱き細い針を使うこと、麻酔をするところに表面麻酔を置くこと、麻酔液を温めておくこと、麻酔液を注入する速度をできるだけゆっくりにすること、といったことに気を付けることによって、ほとんど痛みを感じさせることなく麻酔をすることができるのです。

 

実際に私が麻酔をした時、「え?もう麻酔は終わったんですか?」と聞かれることもよくあります。

しかし、この場所に麻酔をするだけでは、十分に歯にまで麻酔効果が及ばないこともあります。

このような時は、先にこの麻酔をしても痛くないところから十分に麻酔をかけて歯茎をしびれさせておき、それから普通に麻酔をすると痛いところに徐々に麻酔の範囲を広げていくことによって、痛くない麻酔を行うことができるのです。

 

このテクニックを使わずにいきなり歯茎の部分に麻酔をしたりすると、かなりの痛みを伴います。

また、無痛治療を行うためには患者さんと歯科医師との信頼関係もかなり大事です。

あまり歯科医師に対して信頼を持てず、とても緊張した状態で治療を受けると、治療を受ける場所に極端に意識が集中してしまい、実際に痛みに対してとても敏感になってしまったり、麻酔も効きにくくなってしまうこともあります。

リラックスした状態で治療を受けると痛みを感じることも少なくなるのです。

ですので、緊急でなければ治療は簡単なところからやってもらい、歯医者さんとの信頼関係が十分できてから大きな処置を受けた方がいいかもしれませんね。

 

無痛治療についてもっと詳しいことが聞きたい方は、直接ご相談にいらしてください。

 

 

 


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約