ご予約・ご相談はお電話で
0952-27-50550952-27-5055
平日 10:00〜18:30/土曜 9:00〜17:30/休診日 日曜・祝日

矯正を始める前に知っておきたい、マウスピース矯正のこと。佐賀の歯医者さんが教えます!!!

歯科医師 岩永英隆

 

マウスピース矯正をご存知ですか?

皆さんこんにちは。佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

 

矯正治療というとどういったものを思い浮かべますか?

ほとんどの人は、歯にワイヤーやボタンのようなものを貼り付けているのを想像されると思います。

ところが、従来のワイヤーを使った矯正法では、装置が目立つ、唇や舌にあたって痛い、食事が詰まって大変、しゃべりづらい、などなど、様々な我慢しないといけないことがあります。

しかし、このような従来の方法の様々なデメリットを解消できる画期的な矯正治療がマウスピース矯正です。

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを歯に装着するだけで歯並びを矯正していくことができるという、画期的な矯正方法です!

ワイヤーを使った矯正法とは違い、目立ちませんし、日常生活に差し支えることもなく、快適に、気軽に歯並びをきれいにしていくことができます。

今回はそのようなマウスピース矯正についてご紹介していきたいと思います。

 

 

他の矯正法とどこが違うの?

マウスピース矯正法とその他の矯正法の大きな違いは、

 

・透明で目立たない矯正装置である

マウスピース矯正法の最大のメリットは、装置が目立たないことだと思います。

下の写真をご覧ください。

 

 

 

この写真を見て頂くとわかるとおり、遠くから見てももちろんのこと、近くでよく見たとしても何かお口につけているということを気づかれることはほとんどないでしょう。

治療中の見た目が心配な方や、仕事などで他人と接する機会が多い方でも安心してご使用いただけます。

 

・自分で取り外しをができる

通常の矯正治療では、自分で装置を取り外すことはできません。

ですが、マウスピース矯正法では食事の時は取り外すことができます。

ですので、治療中でも普段と変わりなく、おいしく食事をとることができます。

食べ物が装置に絡まっていやな思いをすることもありませんし、歯磨きの際にも特に気を付けることなく、普段通り歯磨きができます。

 

・普段通りに生活しながら、負担なく矯正が可能である

マウスピース矯正法では従来の矯正法と比べて、痛みも少なく、器具によって唇や舌に傷を作ってしまうような心配もありません。

途中で器具が外れたり壊れたりする心配もほとんどないことも快適に使える要因の一つです。

現在行われている矯正治療で、最もストレスの少ない矯正法であると言えるでしょう。

 

・治療段階に合わせてマウスピースを交換していく

マウスピース矯正法では歯並びをきれいにするためのシミュレーションを行い、それに合わせて何段階ものマウスピースを作成します。

それをご自身で交換していくことで徐々に歯並びがきれいになっていきます。

治療のために歯科医院で長い時間診療台に座っておく必要もなく、通院回数が少なくて済むため、忙しい方にもお勧めできる矯正法です。

 

 

マウスピース矯正の治療期間について

矯正治療では、どのような歯並びを矯正するのかによってその治療期間は大きく変わります。

当たり前のことではありますが、大きく歯並びを変える必要がある場合は治療期間も長くなりますし、動かす予定の歯の移動量が少なかったり、わずかな歯並びの改善であれば、短い期間で矯正を完了することができます。

具体的には、短いケースでは数か月で治療が完了することもありますし、複雑なケース、歯の移動が大きいケースでは2年以上の期間を要することもあります。

平均的には1年から2年程度の期間を要することが多いようです。

具体的には担当医にきちんと診断をしてもらい、シミュレーションをすることでどの程度の治療期間が必要かがわかります。

これまでの矯正委の研究により、従来のワイヤー矯正と比較して、その治療期間についてマウスピース矯正の方が長くかかってしまうということは特になく、ほとんど差がないということが報告されています。

 

何歳からマウスピース矯正ができるの?

完全に乳歯の段階では、マウスピース矯正を行うことはできません。

しかし、早ければ混合歯列期(乳歯が永久歯に生え変わっていく期間のこと)にはマウスピース矯正を行うことができます。

逆に年を取りすぎているからと言って矯正ができないわけではありません。

実際に成人してから矯正を受ける人の20%が50台から70代の方であるというデータもあります。

歯周病で歯がぐらぐらしているなど、歯の条件が悪ければ難しくなりますが、幅広い年代の方に受けて頂く事ができます。

 

 

マウスピース矯正の治療の流れを紹介しましょう

矯正治療で最も大事なのは診断です。

まずは歯科医師としっかり相談をしてどのような歯並びを目指すのか、どの歯を動かすのか、などについてカウンセリングを行います。

その後、レントゲンを撮る、口腔内やお顔の写真を撮る、歯型を取る、口腔内をコンピューターを使ってスキャンをするなどの精密検査を行います。

こうして集められたデータに基づき、歯科医師は治療計画を立てます。

この治療計画を患者さんとしっかり共有し、治療の方針を理解して頂く事が出来たら、矯正を開始していきます。

具体的には、マウスピースをお渡しして、それをきちんとつけてもらうというだけです。

歯科医院で診療台に座って治療に時間を要するということはほとんどありません。

時々歯にしっかりと力を加えるために、歯の表面にプラスチックなどを貼り付けたり、歯並びを整える余裕を作るために、歯と歯の間をほんの少しだけ隙間を開ける処置を行ったりということがありますが、治療の段階において数えるほどもありません。

後は歯科医師の指示に従って、定期的にマウスピースを交換していくことで、どんどん歯並びがきれいになっていきます。

 

 

まとめ

マウスピース矯正は大変メリットの多い、画期的な矯正法です。

もちろんどのようなケースにもマウスピース矯正のみで対応できるわけではありませんが、技術の進歩にともなって、外科治療を要するような非常に難しいケースを除けば、かなり多くの症例においてマウスピース矯正を用いることができます。

マウスピース矯正法の代表的なものにはインビザラインと呼ばれるものがあります。

このインビザラインについては、こちらにて詳しく説明していますので、よろしければご参照ください。

いかがだったでしょうか?

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

佐賀市 イターナル歯科クリニック

歯科医師 岩永英隆


空き状況(Twitter)twitter

instagraminstagram

厚生労働省指定歯科医師 臨床研修施設

医療法人英峰会イターナル歯科クリニックは「九州大学歯科医師臨床研修プログラム協力型施設」として厚生労働省より指定を受け、佐賀の地から全国に羽ばたく歯科医師を育成・輩出しています。

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約